File No.36-6 マイルス・デイヴィス-『Kind Of Blue』CDの研究(6) -ディジタル-

Miles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)の音について解説しています。

Home >digital >File No.36-6

07/06
digital_tag
File No.36 / 06

★Miles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)

Miles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)の写真
Miles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)

Label: Sony Legacy

ASIN: B00ESEYE60

EAN: 0888837566421

So What-monoCDBOXの音サンプル(Tascam DR-40使用)

Freddie Freeloade-monoCDBOXの音サンプル(Tascam DR-40使用)

Some Day My Prince Will Come-monoCDBOXの音サンプル(Tascam DR-40使用)

前回のコラムのページの記事で紹介したMiles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)ですが、シンガポール製で中身がドイツ盤CDというモノラルアルバムのボックスセットです。

このマイルスの9CDモノラルボックスは、日本盤と輸入盤があるようです。

このボックスセットの日本盤と輸入盤の価格差が大きく、こちらの輸入盤ボックスの方は、amazonで5000円代で購入できます。

このボックスの日本盤のオリジナル・モノ・レコーディングス(紙ジャケット仕様) Limited Editionは、日本盤のみBlu-spec CD2で製作された限定仕様で、ブルーレイのカッティング技術で高精度にCDのピットを製作されています。

私は、Blu-spec CD2のCDに対して良い印象があまりなかったので、マスターが少しでも良い可能性のある安価な輸入盤の方を購入することにしました。

最近のリマスターされたCDは、音場が広く音が柔らかくふわついたのが多いので、あまり音に期待してなかったのですが、この輸入盤のボックスの音は大変素晴らしく大当たりでした。

モノラル音源のオリジナルレコードのような音に馬力があり、大変素晴らしい音質です。これは、最近のリマスターされたCDではなかなか得ることができないとだと思います。

このボックスのCDの音の何が素晴らしいのかというと、再生される音に全く欠点を感じられないということです。

私は、最近のリマスターされたCDで これだけ音質を良く感じたことはありませんでした。

それだけ、このMiles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)の輸入盤のボックスセットの音に満足しました。

これだけ良い音が聴ける輸入盤のMiles Davis: The Original Mono Recordings(9CD BOX)は、安価で間違いなくマイルスファンを満足させる音だと思いますので絶対にオススメのCDです。

この輸入盤CDボックスセットの音には、間違いなく音質が良いと思いますが、日本盤の限定のBlu-spec CD2のCDの方は、現時点、確認していないのでわかりません。

もしかすれば、日本盤限定のBlu-spec CD2は日本独自のリマスターがほどかされていて、音質が落ちているかも知れません。

現在のところ、この輸入盤CDボックスセットの音に全く不満がないので、日本盤限定ボックスを購入する予定はありませんが、もし何らかの機会で日本盤限定ボックスを購入することがあれば、ここで掲載したいと思います。

この輸入盤CDボックスセットは、not nowのなどの廉価盤のモノラルのCDより遥かに音質が良いので、この輸入盤CDボックスセットをもっていれば、わざわざ廉価盤CDを購入する必要はありません。

Miles Davis 再発売『Kind of Blue』(mono)アナログ盤

Miles Davis再発売『Kind of Blue』monoアナログレコードの写真
Miles Davis 再発売『Kind of Blue』monoアナログ盤

Label: Sony Legacy

ASIN: B00GD98EOQ

EAN: 8718469534517

So What-『Kind of Blue』の再発モノラルレコードの音サンプル(Tascam DR-40使用)

Freddie Freeloade-『Kind of Blue』の再発モノラルレコードの音サンプル(Tascam DR-40使用)

Miles DavisのThe Original Mono Recordings(9CD BOX)を購入するときに再発盤の『Kind of Blue』(mono)のアナログLPレコードが予約販売されているのを見かけました。

再発盤の『Kind of Blue』(mono)のアナログレコードは、CDと同じ一流メーカーの製造のアナログレコード盤です。

恐らく、この再発盤の『Kind of Blue』(mono)のアナログLPレコードは、モノラルの9CDボックスと同じディジタルリマスターのマスターが使用されていると思いますが、久々の『Kind of Blue』のモノラルレコードの再発盤で価格も安かったので、音を聴き比べるするのも楽しいと思ったので購入することにしました。

Miles Davisの『Kind of Blue』(mono)のLPレコードのオリジナル(初盤)は、マイルスファンなら誰でも知っている有名な6eyes(6つ目)レーベルのレコードで、現在でも1万円以上のプレミアム価格がついている人気コレクターレコードです。

現在では『Kind of Blue』(mono)の良質なオリジナル盤は、たいへん高価でなかなか入手しにくい状況なので、今回、再発盤になりますが購入を決めました。

今回、前情報のない状況でレコードを注文したので、どのようなレーベルになっているのか知りませんでした。 到着した再販レコードは、オリジナル盤を完全復刻したオリジナルと同じ6eyes(6つ目)レーベルで、ジャケットもレーベルもオリジナルに忠実で大変美しい作りのレコードでした。

アナログレコードのプレスは、裏ジャケットの下の部分にmede in EUと記載されているので、ドイツあたりでプレスされたものだと思います。

アナログレコード盤は、音の良いビニールを使用した180gの重量盤で、盤質は非常に良くスクラッチノイズ等は、ほとんど入ることはありませんでした。

音質については、ステレオカートリッジを使用して視聴した音で判断しているので正確ではないかも知れませんが、かなり良い印象を感じました。

ボックスのモノラルCDに比べてると高音の馬力感が弱い感じがしないではないですが、これはステレオカートリッジからくるものだとも考えられます。 モノラル専用のカートリッジを使用すれば、高音の力強さが大幅にアップする可能性は十分にあります。

高音が綺麗に響き、低音はモノラル時代の音源特有の少し団子気味の量感のある低音です。

全体の音質のクオリティは申し分なく、綺麗で非常に丁寧なつくり音だと思います。

ボックスのCDの音と比べると、音場が少し狭く感じられレトロの雰囲気がCDよりも感じられます。 『Kind of Blue』のオリジナル盤アナログレコードの音に近いのかも知れません。

オリジナル盤『Kind of Blue』(mono)LPレコードの音とは、少し違うかも知れません。 (『Kind of Blue』(mono)LPのオリジナル盤の音については、状態があるので少し判断が 難しい部分があります。 友人の所有している『Kind of Blue』(mono)LPのオリジナル盤 は、溝の劣化の原因からか音の重心が高くトランペットの音が薄く聴こえるようです。 この再販のレコードは、重心が低く安定した音なので、少なくとも友人の持つオリジナル盤『Kind of Blue』(mono)LPよりも音質は優れています。 このオリジナル盤の問題は、プレス場所やプレス時期によって音が大きく違うオリジナル盤が存在すると言うことも考えられるので、一概に溝の劣化が原因だけだといえないかもしれません。)

この再発レコードの音は、大変すばらしく申し分ないのでレコードの音の良い部分を十分に楽しめると思います。 ジャズをLPレコードで楽しみたい方にはオススメできる逸品だと思います。

しかし、CDを好まれる方には輸入盤のモノラルボックスのCDの音が大変良く、LPレコードの音と比べても全く遜色ないので、このLPレコードは必要ないかもしれません。

この『Kind of Blue』(mono)のアナログLPレコードと同時にステレオ盤も発売されているので、音としてはアナログステレオ盤のレコードと現販売されているリマスターされたCDと音が大きく異なる可能性があるので、アナログ盤はステレオ盤のLPレコードの方が面白いかも知れません。(ステレオ盤は、現在所有していないので評価することができませんでした。)

このSony LegacyのアナログLPレコードには大きなノイズが入っているものや長期にわたりノイズが入っているプレスミスのものがあることが報告されています。 私の購入したレコードは、品質もよく全く問題ありませんでした。

              記事追加日

マイルスデイビス『Kind Of Blue』の視聴を終えて(感想) つづく


digital_tag
 
Site Search
全てのオーディオ・マスターファイルへ
▲このページのトップへ

Home >digital >File No.36-5